悩みのぽっこりお腹も骨盤ダイエットで解消!

骨盤ダイエットでぽっこりお腹解消

体型の悩みは人それぞれに違うものですが、中でも下腹のぽっこりに悩んでいる人は格別に多いようです。 特に女性の場合は体を守るために脂肪がつきやすい体質に出来ているので、なかなか筋肉を使う機会がないお腹まわりに余分なお肉がついてしまうのです。

妊娠中にふっくらした身体が出産しても元に戻らないという人も多く、他のどの部位よりもぽっこりお腹をどうにかしたいと悩む人は増え続けています。

ぽっこりお腹が出来上がるのには、骨盤のゆるみが関係している場合が多いといいます。 そんなことから、最近では骨盤ダイエットのブームが来ていますね。 エステサロンのメニューにまで取り入れられているほどですから、骨盤ダイエットには大きなパワーが秘められていそうです。 骨盤ダイエットをすると、ぽっこりお腹を解消できる秘密をここで探ってみましょう。

骨盤のまわりには、骨盤底筋という筋肉があります。 この筋肉は、子宮をはじめ、膀胱や腸などの内臓器官を支えています。

そのため、骨盤底筋の力がゆるんでくると、支えている内臓の働きに影響が出てくるのです。 内臓の位置が少し変わるだけで、人の体のリズムは狂ってきます。 骨盤を整えることで筋肉がしっかりし、内臓が正しい位置に戻ってスムーズに働くようになるというのが、骨盤ダイエットの効果です。

骨盤底筋がゆるむ原因は、生活習慣の他に出産や加齢などが挙げられます。 肥満もその一つで、脂肪がついてくるのと同時に筋力が衰え、それがさらなる肥満につながるのでは悪循環ですね。

女性に多い便秘も、骨盤底筋の衰えに関係しています。 骨盤底筋に力が備わっていれば、内臓がきちんと働いて便秘も解消するので、一石二鳥です。 簡単に骨盤底筋をきたえる方法として、グッズも出回っています。

しかしここでは、たった3分でも出来る簡単な骨盤体操を紹介します。 運動が苦手な人でも、歯磨きしている間などにながらで出来る体操ですから、習慣にしてみてください。

行う体操は、簡単にいえば腰回しです。 リラックスした状態でお腹とヒップだけに力を入れたら、腰を左右にゆっくり10回振ってください。 次に前後に腰を10回動かしたら、仕上げに大きく腰をぐるりと回すのを10回、この仕上げは右回しと左回しを10回ずつ行います。 全部で40回の腰回し、これだけ続けていれば、気づいたときにはスッキリしたお腹になっていますよ。