治験コーディネーターの収入や安定性はどうなの?

今の時代は不況が続いたり、給与がカットされるなど、労働者にとって厳しい状況となっています。 何か資格を取ったり、専門的な仕事をして安定した収入を得たいと考える人がとても多くなっています。 ここでは治験コーディネーターという仕事の収入面や安定性はどうなのか、考えてみたいと思います。

治験コーディネーターの収入は、所属する企業や医療機関などによってそれぞれ異なっています。 一概にいくらとはいえませんが、平均するとおおよそ400万円程度の年収を得ている人が多いようです。

もちろんこれより低い人もたくさんいますし、もっと高額の給与をもらっている人も大勢います。 治験コーディネーターの仕事は経験を積んでいくと、それが年収にも反映されます。つまり勤続年数に応じて年収も上がっていくことが多いのです。

ですから初任給だけで年収を判断しない方がよいでしょう。現在他の仕事をしていて、将来治験コーディネーターになりたいという夢を持っているなら、早めに転職や配置転換によって この仕事にとりかかるようにすることをおすすめします。

転職する場合は、いきなり治験コーディネーターの仕事を探しても、見つけにくいかもしれません。 それよりも、看護師や薬剤師の転職サイトを利用すると、治験コーディネーターの求人をたくさん見つけることができます。

こうしたサイトでは一般には非公開の求人情報も公開されていますから、仕事を見つける機会が大幅に増えるのです。また、治験に関する知識がまったくないので転職が不安という方もいらっしゃると思います。

そうした場合は転職サイトが主催している治験セミナーなどに参加してみると、業界の様子がよく分かると思います。治験コーディネーターになってからも、漠然と日々の仕事をこなすより、意欲的に仕事に取り組んだ方がスキルアップにつながります。

職場でその人しかできない仕事を任されるようになれば、安定性も増しますし、給与も大幅にアップするかもしれません。

ページの先頭へ