治験コーディネーターのやり甲斐について

治験コーディネーターは、新薬の開発の中でもとても重要な段階にかかわる、やり甲斐のある仕事です。まだまだ世の中には薬の無い難病が数多くあります。そうした患者さんたちが新薬の開発を切望し、待ち望んでいるのです。

自分の仕事が世の中に貢献できるというのはとても大きなやり甲斐につながります。治験は多くの人が関わり、とても大変な面もありますが、やはり治験を経て薬が承認された時の喜びは、何物にも代えがたいものがあります。

医療関係の仕事は、患者さんの手助けをすることによって感謝されたり、医師や看護師と関わる中で働きぶりを認められたりと、日々のやり甲斐も大きいものです。

大勢の人と一緒に仕事を進めていくことは、難しい側面もありますが、うまくいった時の充実感はかなりのものです。会議等を開催して人を動かさなければならないので、対人スキルもかなりアップするでしょう。

また医療や薬に関する知識が増えるのもスキルアップには役立ちます。治験で扱う内容は、医療の最先端といってもいいものですから、自身がその中で働けることに喜びを感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな治験コーディネーターとして働くには、いくつか方法があります。まず一つ目は、SMO企業に所属するという方法です。ここに所属しながら、医療機関に派遣されて働くという形をとるのです。

もう一つは医療機関に所属する方法です。これは看護師や薬剤師などが治験コーディネーターとして 働くというケースです。治験コーディネーターになるためには、特別な資格は必要ありません。

そうはいっても医療関係の知識は必要になりますから、多くの人が看護師や薬剤師、また臨床検査技師といった資格を取得しています。治験が実際に行われるのは医療機関ですから、そこで働いた経験を持つ人が重要視されるのは当然のことでもあります。

たとえば看護師なら日頃から患者さんとコミュニケーションをとることに慣れていますし、治験によって患者さんに何か変化があらわれた場合も早く気付くことができます。また薬剤師は薬に関する専門知識が豊富ですから、治験の現場に適していることは言うまでもないでしょう。

ページの先頭へ